許添盛醫師Dr.Hsu Loves Seth好自在的身心靈頑童

這裡有你認識或不ㄧ定認識的許醫師,由版主特務J 暗中觀察整理---大家知道,許醫師很忙的...

2009年9月17日

許添盛医師の紹介

版主: 特務J

許添盛医師の紹介
許添盛医師とセス魂心体全体的健康観

台北医学院卒業。台北市立仁愛病院家庭医学科医師、台北市立療養院精神科医師、台北県立病院心身科主任、中華ニューエイジ協会理事長を歴任する。現在は(財団法人) ニューエイジセス教育基金会会長、セス魂心体病院院長、セス文化出版社発行者をつとめる。セス魂心体健康理念の普及に力を尽くす。
西洋医学を修めた彼は、魂心体全人思想を深く研究し、特にセスを好む。2000年から、中華ニューエイジ協会で「セス学び」を広め、「魂心体全体的健康成長グループ」、「美しい人生ガン患者の成長グループ」、「セス学び修錬クラス」など講習会を開き、セスを二十年間近く研究してきた心得を生活実例と臨床経験を結びつき、分かりやすい言葉で意味深い内容を講義していた。台湾各地、又、ホンコン、中国、アメリカ、カナダからの招きに応じ講演し、到る所で大きな反響を呼んだ。
正統な西洋精神科医学訓練を修めてきたが、一番得意なのは薬を使わない魂からの治療である。セスの観点と仏教の教義と西洋精神科領域の心理治療理論を巧みに融和し、分かりやすい一つ一つの心霊の処方箋に変える。彼は「君達に起こる出来事、君達の人生、体験は君達の現在の観念によって生じている」ことを信じている。病気もそうである。病気は人間の内的魂が曲がり、衝突した外的表現である。その上、病気を「癒す」には必ず「魂心体のバランス」の本質に戻らなければならない。「魂心体のバランス」は自己学習、観察と悟りを通じて達成できることである。
魂心体治療で大きな成果をあげ、特にガンと心身症患者の治療を専門とする。魂心体全体的医学を独創し、「癒し方」に新たな希望の道を開いた。又、糖尿病、高血圧など慢性病、うつ病、パニック症候群,癲癇、ぼけなど心身症、そして、結婚、親子、仕事などにかかわる症候群問題に、独自な見方と癒し方を持っている。
著書(セス文化出版社)
ガンは不治の病でない
心のエネルギー
心で病気を癒す
君は病気を拒める
死地に活路が開ける―――ガン患者成長グループの記録
許医師の落ち着く処方箋
許医師のコンサルティング現場
許医師のうつ病処方箋
子供の心の中を飛ぼう
子供は老い魂
死地に活路が開ける―――許医師のガン魂心体癒し方
魂心体健康の十の必修科目
私は私だけでない
愛は君、愛は私
あなたは「止まれ」と叫べる
異常も一種の正常
CDシリーズ
魂心体健康シリーズ」許医師の代表的著書集
魂心体健康シリーズ」慢性病は治れる――十の慢性病の魂心体癒し方(上、下)
魂心体健康シリーズ」ガンは不治の病でない
魂心体健康シリーズ」許医師の落ち着く方法――心身不調の心的癒し方
魂心体健康シリーズ」親子の心生活
魂心体健康シリーズ」魂心体健康の十の必修科目(上、下)
魂心体健康シリーズ」不老な魂心体(上、下)
魂心体健康シリーズ」心のエネルギー
「セス学びシリーズ」個人、そして群衆現象の本質(1.2.3.4)
「セス学びシリーズ」「知られざる」現実界(1.2.3.4.5.6.7)
「セス学びシリーズ」健康の道(1.2)
中国で出版された著書(出版社)
許医師のうつ病処方箋(鳳凰集団出版)
死地に活路が開ける(天津華文天下)
心で病気を癒す(天津華文天下)
許医師のコンサルティング現場(天津華文天下)
『死地に活路が開ける』の英語版は2010年に出版される予定である。